納得のゆく庭づくりをお考えの方へ。
作庭家による設計とプロの当社職人が
お客様のご要望にあった素敵なお庭をご提案いたします。
完成後の出来栄えにご好評をいただいております!!
2010年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最近の記事
風呂場改修工事
風呂場改修工事
玄関大谷石貼り
玄関大谷石貼り
玄関大谷石貼り
板石工事
板石工事
板石工事
小豆島産石積み工事

過去ログ
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年10月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月

最近のコメント

最近のトラックバック

ログイン 保存
2010年 1月26日

びっくり石材施工!!

仕上げ発想で石材工事をお考えの方
いつもアイエスアイサービスをご支持いただき
ありがとうございます。

仕上げ発想 とは、
お庭・外構工事の中で、一番大事なのは最終的には仕上げの出来栄えや完成度です。
工事全体の半分以上の金額を占める一番大事な部分です。
完成度・満足度の高い作品を仕上げることを理念とする私どもISIサービスの造語です。

 

昨日は、色々と現場廻りをしていました。
改めて思ったのですが、
仕上力の違いで、まったく違うものが出来上がるものだと認識しました。


材料納品だけで終わった現場ですが、
初めて納品した業者さんだったので、
今後の勉強の為に現場を見てきました。


どんな職人さんが貼ったのか?
定かではありませんが、現場ではヒドイ仕上げ状態でした。
(お客さん自身の施工であれば納得ですが、、、)


これではお客様が可愛そうです。
業者施工であれば、
それ相当の金額は支払っているだろうし、
満足されているのでしょうか?
(写真は載せることはしません。)


まだまだ、びっくりするような施工のやり方で、
利益追求型の石材業者や同業者は存在しています。

以前に書いた記事の中で、
『こんな工事で満足していませんか?乱張編』
を再度掲載します。

少しでも、仕上げの良し悪しを考えて理解することが、
お客様にとって損をしない石材工事になると思います。
 

 

『こんな工事で満足していませんか?? 乱張編』

≪質の悪い施工例1≫ 

乱張り工事とは、基本的に機械を使用しないで、手割りで1枚ごとに加工を施し模様を創っていきます。
施工例1はカッターは使用していませんが、石材を加工して工事している様子はまったく見当たりません。
全体的には乱張風に見えていますが、ある材料をそのまま適当に並べているだけです。


≪質の悪い施工例2≫ 

機械(カッター等)を使用して施工しているのでしょうか?
全体的には細かすぎる貼り方をしています。ガラスのモザイク貼り等であれば問題はないのでしょうが・・・・


≪質の悪い施工例3≫ 

材料の選択にも問題があると思います。(石材の反りやへこみがあるため雨水がたまりやすくなります)
施工も石材を適当に置いています。目地の処理の仕方にも問題あり ここまでくると悪意を感じます。



≪よい施工例≫ 

機械の使用はしていません。石を1枚1枚割っていき、目地や石材の形に沿って自然風に施工しています。
施工 ISI堀
悪い例との違いがわかってもらえたでしょうか?
あくまでも自社の判断になるのですが、せめてこのぐらいの感じで乱張りはしてほしいものです。

お施主様は乱張施工の良し悪しを理解してから工事業者に注文すると問題も少なくなるでしょう。

 

PS、
アイエスアイサービスでは無料試験貼りを実施中です。
工事の良し悪しを確認してから、注文が出来ますので、
お客様に損をさせることはありません。
是非一度試してみてください。
(20,000円相当が無料です)  
                                                  

                              前原 直樹

 


13:03, Tuesday, Jan 26, 2010 ¦ 固定リンク

Powered by CGI RESCUE