造園・石材・工事はISPAGE

 
納得のゆく庭づくりをお考えの方へ。
作庭家による設計とプロの当社職人が
お客様のご要望にあった素敵なお庭をご提案いたします。
完成後の出来栄えにご好評をいただいております!!
造園のISPAGE お問合せ
お気軽にお問合せくださいTEL0725-40-5822
ホームページからのお問合せ

造園コンテンツ

造園施工実績
造園工事施工単価目安表
造園工事完成までの流れ
造園施工エリア
お客様の声
造園工事Q&A
スタッフ紹介
会社概要
プライバシーポリシー
スタッフブログ
ISPAGE石材激安ネットショップ
木作り
【剪定】
 
剪定
剪定(せんてい)とは樹木の枝を切り、形を整えたり、風通しを良くする事。庭木の手入れとして行われる。見た目を美しくするのみでなく、養分を効率よく利用させて成長を促進したり、病害虫の繁殖を予防する効果があります。
添え木
庭木(立木・生垣)の形作りや補強の為、竹を使って添え木をします。
造園
 
新たな庭作り・現在ある庭をリフォームや一部リフォーム(花壇を作ったり)。門〜玄関までのアプローチやホール・階段部分の新規・リフォーム。 石材工事〜芝貼り、竹垣・生垣の施工等。
寒肥
 
寒中に施肥致します。※追い肥料・冬越し肥料は施肥しておりません。
植栽
 
新たに庭木を植えたり、現在ある庭木の移植や土作り。
除草
 
草刈り
機械での草刈り、人の手による手引き。
薬剤
除草剤の散布作業。
薬剤散布
 
病害虫の駆除・予防の為の、消毒薬(置き薬剤も含む)の散布作業。
伐採
 
大きくなり過ぎた庭木・込み過ぎた庭木・不要になった庭木の伐採と抜根。
その他
 
石材工事・外構工事対応できます。
年間管理
 
お客様と打ち合わせの上、 お庭にとって最適な流れで維持・管理を致します。

△PAGE TOP


剪定に関して
剪定する枝の種類
忌み枝を処理する方法として用いられる。剪定する枝の代表としては枯れ枝・徒長枝・交差枝(枝と枝同士が交差している状態)・病気枝・からみあった密度の高い状態になった枝などが挙げられる。
剪定する時期
季節の変化に応じて植物の状態が変わるため、季節変化のある地域では樹種に応じて剪定に適当な時期がある。誤った時期に行った場合、花木の蕾が切り落とされてしまって花が咲かない、果実が生らないなどの悪影響を生じ、場合によっては木が枯れる原因となる。植物の活動が低調となる冬に行うことが基本で、日本の場合には11月から2月に行われる。サツキ・ツツジ類は開花後の5月から6月に行う。
剪定の種類
切戻し - 伸びた枝を短く切り詰めること。大きさを留めておくために用いられる。また、樹勢を回復させるためにも行う。
枝抜き - 不要になった邪魔な枝を切って除くこと。
刈り込み - 生垣などの形を整えるために枝葉を切りそろえること。枝を選別して切る作業ではないため、剪定とは区別することもある。
造園工事イズページ 造園トップへ